15292円 【第2類医薬品】 フラーリンA粒 500g 剤盛堂薬品 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 漢方 第二類医薬品 オーバーのアイテム取扱☆ 第2類医薬品 フラーリンA粒 剤盛堂薬品 500g /Berberidaceae33130.html,500g,apollona.lt,剤盛堂薬品,【第2類医薬品】,15292円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 漢方 , 第二類医薬品,フラーリンA粒 オーバーのアイテム取扱☆ 第2類医薬品 フラーリンA粒 剤盛堂薬品 500g 15292円 【第2類医薬品】 フラーリンA粒 500g 剤盛堂薬品 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 漢方 第二類医薬品 /Berberidaceae33130.html,500g,apollona.lt,剤盛堂薬品,【第2類医薬品】,15292円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 漢方 , 第二類医薬品,フラーリンA粒

オーバーのアイテム取扱☆ 第2類医薬品 フラーリンA粒 購入 剤盛堂薬品 500g

【第2類医薬品】 フラーリンA粒 500g 剤盛堂薬品

15292円

【第2類医薬品】 フラーリンA粒 500g 剤盛堂薬品



【第2類医薬品】 フラーリンA粒 500g

商品説明

製品の特徴
フラーリンA粒は,万病回春という書物に書かれている処方を基本にした漢方薬の顆粒剤です。水様性の下痢・嘔吐・口渇・尿量減少を伴う,食あたり・冷え腹・腹痛などの症状を改善します。

効能・効果

体力中等度で,水様性の下痢,嘔吐があり,口渇,尿量減少を伴うものの次の諸症:食あたり,暑気あたり,冷え腹,急性胃腸炎,腹痛

用法・用量

次の量を食後に,コップ半分以上のぬるま湯にて服用して下さい。
[年齢:1回量(容器入りの場合):1回量(分包品の場合):1日服用回数]
大人:1.5g(添付のサジ1杯):1包:3回
7歳以上15歳未満:大人の2/3の量(1.0g):2/3包:3回
4歳以上7歳未満:大人の1/2の量(0.75g):1/2包:3回
2歳以上4歳未満:大人の1/3の量(0.5g):1/3包:3回
2歳未満:大人の1/4の量(0.375g):1/4包:3回
用法関連注意 (1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(3)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。
(4)生後3ヵ月未満の乳児には服用させないこと。

成分・分量

4.5g又は3包中   成分 分量 内訳
胃苓湯エキス 0.608g (カンゾウ0.30g・ケイヒ0.60g・コウボク0.75g・ショウキョウ0.45g・ソウジュツ0.75g・タイソウ0.45g・タクシャ0.75g・チョレイ0.75g・チンピ0.75g・ビャクジュツ0.75g・ブクリョウ0.75g)
カンゾウ末 0.051g
ケイヒ末 0.102g
コウボク末 0.128g
ショウキョウ末 0.077g
ソウジュツ末 0.128g
タイソウ末 0.077g
タクシャ末 0.128g
チョレイ末 0.128g
チンピ末 0.128g
ビャクジュツ末 0.128g
ブクリョウ末 0.128g
添加物 軽質無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,乳糖,ヒドロキシプロピルセルロース

使用上注意

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)高齢者。
 (4)今までに薬により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
 (1)服用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
 (2)1ヵ月位(急性胃腸炎に服用する場合には5~6回,食あたり,暑気あたりに服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合
3.他の医薬品等を併用する場合には,含有成分の重複に注意する必要があるので,医師又は薬剤師に相談すること

保管及び取扱い上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)分包品において1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り返して保管し,2日以内に服用すること。

製造販売元

剤盛堂薬品株式会社
和歌山市太田二丁目8番31号
問合わせ先 073(472)3111(代表)

リスク区分

第2類医薬品

使用期限

使用期限まで6ヶ月以上あるものをお送りします。

医薬品販売に関する記載事項

【第2類医薬品】 フラーリンA粒 500g 剤盛堂薬品

ABOUT US益田市医師会について

自然豊かな街益田

益田市は、山口県と接しており、北に日本海、南に中国山地があり、山陰と山陽を結ぶ交通の要衝地です。気候は年間を通して温暖です。冬季は対馬海流の影響もあり平野部では積雪も少ないです。
温泉がとても有名で、益田市市内に温泉施設が多くあります。また日本有数の清流高津川があり、その恵みを受けた豊かな農林水産物と古くから歴史が残る街です。

医療の歴史ある街

益田市は医学の偉人を多く輩出しています。高津町出身の米原恭庵先生は、1849年益田で蔓延していた天然痘に対して、日本国内で2番目に早く治療を開始し、この災疫から地元住民を守りました。
また、後に美都町出身の秦佐八郎博士は、ドイツ国立実験治療研究所所長でノーベル賞を受賞したエールリッヒ博士と共に、梅毒の特効薬「サルバルサン」を発明し、世界中の多くの人を救いました。益田市医師会は、今後も地域の医療を支える医療人を輩出することで、益田市の地域医療に貢献いたします。

次世代の医療人の育成

益田市医師会では次世代の医療を担う医療人を育成すべく、合同会社ゲネプロと共同で開業医による医師不足解消へき地医療研修プロジェクト「親父の背中」を立ち上げました。この研修プロジェクトは、常勤医師不足に悩む益田地域医療センター医師会病院に2年間勤務しながら、益田市医師会員のベテラン開業医等を指導講師に、耳鼻咽喉科や整形外科、皮膚科、へき地医療など7つの診療科から参加者が学びたいプログラムを構成、「匠の技」を修得するものです。このような取り組みを積極的に行い、当医師会は次世代の医療人の育成に力を入れております。

地域の特異性を生かした
医療構想

国の医療政策として「地域医療構想の策定」を目指し、各地域の病床機能分化・分担、地域包括ケアシステム構築への取り組みが提示されました。この策定には「地域の特殊性にのっとった独自の医療構想」が重視されています。そのため当医師会も、開業医の先生方・各医療機関・介護・行政・隣接地域との調和を図りつつ、当医師会で検討してきた中長期計画も参考に、協力体制の構築に積極的に取り組んでまいります。

ページの先頭へ